« 2015年06月 | メイン | 2015年08月 »

2015年07月28日

集光器で実験しよう!

仙台市太白少年少女発明クラブ

第7回 活動    (2015・7・25実施)
基礎コース     集光器.実験,            担当  奥村 清彦先生(専任指導員)
発展コース     超小型発電機③(ミニ・ウインG)   担当  矢内 信義先生
チャレンジコース  自由研究               担当  佐々木三郎先生
(大学生サポーター  東北工業大学知能エレクトロニクス・ 情報通信工:佐藤聖隆さん)

----------------------------------------------------------------------------------------

基礎  太陽熱の力を実験で体感する


 集光器の実験手順
① 日時、天気、気温などの数値を記入
② 黒塗りのカップに60mlの水を入れる。
③ カップに温度計をセット・④初期温度の測定、記入
⑤ スタート時刻の記入
⑥ 1分・2分・3分・5分10分経過ごとに温度を測定、記入                     
発展課題
    コップの色、日陰、集光器なし、など条件を変えて実験して
結果を比較してみる。(奥村先生のテキストより抜粋)


IMG_1745.jpg

「コップの水は何度かな?」曇りがちな空と温度計をにらめっこ
しながら実験結果を記録していきます。
東工大生の佐藤聖隆さんが実験がスムーズに行くように
会員の状況を掴んでいきます。

-----------------------------------------------------------------------------
発展  超小型発電機の完成作品披露


IMG_1767.jpg

デザインされた発電機の尾翼。イカリの柄が夏らしい。

IMG_1756.jpg

本当に発電するのかな、大内先生とオシロスコープで確認、
画面に電圧の波形が出てきました。ヤッタネ!

IMG_1765.jpg

尾翼が色とりどりの超小型発電機が完成しました。どれも個性的
で見た目も魅力的です。


---------------------------------------------------------------------------------------

チャレンジ 完成まもなく

IMG_1730.jpg

作品名は【害獣撃退器】チャレンジ会員としてコツコツと自主研究
しながら仕上げてきました。次回は完成品の全体を披露予定。


----------------------------------------------------------------------------

お知らせ

稀乃佳さんおめでとう!

IMG_1774.jpg

平成26年度全日本学生児童 【未来の科学の夢絵画展】で
優秀賞受賞の稀乃佳さんに協会本部より賞状と作品
(リサイクルじどうはんばいき)の装丁額が届きました。
作品は2014・11分のブログにも紹介済です。
                        (応募総数8376点)

次回活動日


8月1日  野外活動です。
参加者は注意事項をよく読んで参加して下さい。

2015年07月20日

集光器って何だろう?

仙台市太白少年少女発明クラブ

第6回 活動    (2015・7・11実施)
基礎コース     集光器  ,            担当  奥村 清彦先生(専任指導員)
発展コース     超小型発電機②(ミニ・ウインG)   担当  矢内 信義先生
チャレンジコース  自由研究               担当  佐々木三郎先生

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基礎コース  集光器製作で自然エネルギ―を身近に

IMG_1602.jpg

太陽光の熱を効率よく集めるために、材料を丁寧に切り取っていきます。


IMG_1623.jpg

集光器完成!
銀色の美しい朝顔の花が咲いたみたい。

集光器の形はどうして朝顔型なの?
答えはテキストをよく読むとよくわかるよ。「光の性質」を覚える
ことがポイントだね。自然エネルギ―の熱を得る原理を理解した
ら、次はそれを応用する方法も考えてみよう。電気がなくても活用
できるものが、いろいろ出来そうだね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発展コース  超小型発電機いよいよ完成へ


IMG_1613.jpg
超小型発電機が成功するかどうか本体の完成にかかっています
。前回に引き続き神経集中の作業が続きます。

IMG_1626.jpg

会員が加工しやすいようにと内部にカットしたストローが使用されている。
これにより発電機の完成度がかなりアップする。

IMG_1610.jpg

完成品。台座の材料はペットボトルと石膏を使用。かなり重い。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お知らせ

次回の活動  7月25日

                               (写真 コメント  広報 今井)
 

2015年07月05日

羽根の性能テスト

仙台市太白少年少女発明クラブ


第5回 活動    (2015・6・27実施)
基礎コース     風力発電機 風車の羽根の性能測定 ,担当  奥村 清彦先生(専任指導員)
発展コース     超小型発電機(ミニ・ウインG)   担当  矢内 信義先生
チャレンジコース  自由研究             ,担当  佐々木三郎先生

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
基礎   風車の羽根のパワ―を探る!

IMG_1541.jpg


クラブ特別製作の風洞で発電テストを実施。並んで順番を待ちます。
自分の羽根はどんな性能が出るのかちょっとドキドキ。


IMG_1547.jpg

スクリーンにうちし出された風車の羽根の性能テスト、結果が直ち
にスクリーンに映し出される。この結果によって会員は更に
発電能力を上げるため改良に取り組む。
会員は「なぜだろう」と工夫することを学ぶ。

【風車の羽根の性能測定結果の例】

ダウンロードしたファイル


IMG_1589.jpg

「羽根の曲げ角度によって、風を受けた時どんな電圧になるか」
工藤会長の解説とともに風車の羽根の性能を考える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
発展   クラブオリジナル部品で超小型発電機製作

IMG_1566.jpg

巻線材をなんと2000回も枠に巻く。一巻きずつ丁寧に、数を
数えながら作業を進めていく。うっかり声はかけられない。
それほど真剣。


【風力発電機のコイル製作用部品が出来るまで】


IMG_1580.jpg

① フランジを作るためのポンチ。外周用、内周用の二本を手作り。
② フランジ用のプラ板。
③ くり抜かれたフランジ。
④ フランジのついた巻き枠。
⑤ 風力発電機のコイル完成。


IMG_1576.jpg

発電機のコイル作り
上の写真の巻き枠に巻線材を巻きつけているところ。
鉛筆削り器を改良した道具が作品の完成度を高める。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チャレンジ  製作活動が活発に!

IMG_1573.jpg

「何を作ろうか」作りたいもののしぼりこみ、設計、材料調達と
創作活動には会員の自主性が大いに求められます。でも今、
自分の作りたいものがはっきりと形になり製作が軌道に乗り
始めたようです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

お知らせ

次回活動 7月11日


                           (写真 コメント  広報 今井)